肺がん治療センター

肺がんに対する治療

外科治療(手術)

肺がん

標準手術

臨床病期I~II期の患者さんに対しては、肺葉切除+リンパ節郭清の標準手術を行っています。また臨床病期III期の患者さんに対しては、縦隔リンパ節転移が限局している場合と、周囲臓器合併切除で完全切除が可能な場合に限って手術を行っています。

縮小手術

肺がんの大きさが2cm以下の患者さんに対しては、積極的縮小手術を行っています。

  1. 積極的部分切除
    胸部CT画像でいわゆる「すりガラス陰影」を示す患者さんに対しては、腫瘍部分のみを切除する部分切除を行っています。その際、必ず手術中に迅速病理診断を行っています。完全に切除できていることとがんの悪性度を判定してもらい、安全・確実に手術を終了するようにしています。現在まで40人の方が受けていますが、合併症の発生や再発は1例もありません。
  2. 積極的区域切除+リンパ節郭清
    「すりガラス陰影」を示さない大きさ2cm以下の肺がん患者さんを対象に行っています。標準手術とされる肺葉切除より小さい肺区域を切除し、周囲のリンパ節を郭清します。この場合も必ず手術中に迅速病理診断を行い、リンパ節に転移していないかを確認しています。現在まで60人の方が受けていますが、5年生存率90%程度で標準手術と同等の手術成績です。
  3. 消極的縮小手術(区域切除・部分切除)
    肺気腫、塵肺、間質性肺炎などの肺疾患や結核後遺症などのために肺機能が低下している患者さんに肺がんが発生することが多々あります。前述したように患者さん一人一人に対して最適な治療を考えますが、手術が最善と判断した患者さんに消極的縮小手術として区域切除・部分切除を行うことがあります。残念ながら再発率が高い手術になりますので、外来で厳重に経過観察していきます。
  4. 注意点
    1.積極的部分切除 と 2.積極的区域切除+リンパ節郭清 については今のところ日本肺癌学会の「肺癌診療ガイドライン」では標準的外科治療と定められ ていません。そのため当院の倫理委員会で認められた臨床試験という形になっています。現在、1.積極的部分切除 については当科も参加した全国規模の臨床 試験(JCOG0804/WJOG4507L)の登録が終了し、その結果が待たれています。また2.積極的区域切除+リンパ節郭清 についても全国規模の 臨床試験(JCOG0802/WJOG4607L)に参加する形になっています。
胸腔鏡手術

現在臨床病期I期症例に限って胸腔鏡手術を行っています。胸腔鏡手術はあくまでも手術を行う方法であり、手術内容ではありません。手術の本質は手術内容であり、前述した標準手術・縮小手術に相当します。ただ同じ手術内容であれば、身体に負担の少ない方法で手術を受けたいという気持ちは皆同じです。当科では臨床病期I期の方に手術内容決定後、胸腔鏡手術可能と考えられる場合に勧めています(腫瘍の位置や技術的問題から全員には適応になりませんので、ご了解下さい。また出血などの不慮の事態が生じた場合も、速やかに開胸手術に移行しますのでご了解下さい)。

  1. 完全鏡視下手術(岡田医師が担当)
    胸腔鏡のみで手術を行う難易度の高い手術です。肺の状態がよく、手術しやすい患者さんに対象を絞って行っています。手術創は非常に小さく(最大でも5cm程度)、身体の負担も小さく、術後の疼痛も軽度です。
  2. 胸腔鏡補助下手術(渡辺医師が担当)
    胸腔鏡に小開胸を併用して行う手術です。脇の下に7cm程度の手術創をおいて胸腔鏡と自分の目を併用して手術を行います。条件の悪い患者さんにも応用可能です。完全鏡視下手術と開胸手術の中間に位置づけられる方法です。
  3. 腫瘍の位置や肺の状態、および手術を受けられる患者さんの全身状態に応じて手術内容と手術方法を組み合わせて最善の手術を提供していきたいと考えています。 なお、開胸手術であっても開胸方法は多数あります。標準は後側方開胸ですが、こちらも患者さんの状態に応じて、胸骨正中切開、前側方開胸、前方腋窩開胸、腋窩開胸など、最善の開胸方法を選択しています。また筋肉温存開胸を併用し、低侵襲な手術を心懸けています。

    注意点
    胸腔鏡手術も今のところ日本肺癌学会の「肺癌診療ガイドライン」では推奨された手術を行う方法になっていません。臨床試験困難な領域であることから、開胸手術との比較は困難と考えられています。現実には日本のほぼ全ての呼吸器外科の専門施設で「肺がん手術を行う方法の一つ」として採用されています。

第2肺がん(異時性多発肺がん)

肺がん手術症例もI期症例が大部分を占めるようになりました。I期症例の5年生存率は80%を越え、多くの患者さんが肺がんを克服するようになってきました。それに伴い現在急速に問題になっているのが第2肺がんです。手術後の経過観察中に第2肺がんを発症される患者さんが急増しています。すでに1回手術を受けてますので肺機能が低下しています。そのため早期に発見し、適切な治療(手術・放射線治療・抗癌剤治療)を行うことが重要です。当院では1996~2010年の肺癌手術を受けた患者さんの約8%に第2肺がんを認めています。そのため術後の経過観察は5年までは3ヶ月ごと、10年までは6ヶ月ごと、10年以降も1年ごとに行うようにしています。

悪性胸膜中皮腫

アスベストとの因果関係が明らかな疾患です。胸腔の壁側胸膜・臓側胸膜を覆っている中皮細胞が腫瘍化して生じる疾患です。胸痛、呼吸困難で発症することが多く、また原因不明胸水の精査中に発見されることもあります。 当科では診断と手術を担当しています。 診断には局所麻酔下胸腔鏡検査が重要です。局所麻酔を行い、胸腔内に胸腔鏡を挿入して壁側胸膜・臓側胸膜を観察します。病変を確認した場合は生検を行い、十分量の腫瘍と胸膜組織を採取します。(肺がんと異なり、悪性胸膜中皮腫の胸水からは悪性細胞が検出されないことがほとんどです) 手術適応ありと判断された患者さんには、現在集学的治療を行っています。

  1. シスプラチン+ペメトレキセド(アリムタ)の化学療法2~3コースを内科入院で行います。
  2. 胸膜肺全摘術+リンパ節郭清
  3. 片側全胸郭照射

疾患そのものの予後が非常に悪く、手術適応のある患者さんは稀です。また胸膜肺全摘術は当院で行う手術の中でもっとも危険度の高い手術です。本当にこの治療が正しいのか、まだ議論されているのが現状です。上記の集学的治療の本邦の成績がもうすぐ明らかになりますので、その結果次第では、大幅に治療内容が変更される可能性もあります。

当院の肺がん手術症例数

    2008年 53例
    2009年 54例
    2010年 61例
    2011年 60例
    2012年 68例

薬物療法

作成中です。

放射線治療

放射線科のページ

緩和医療

呼吸器内科のページ