機能脳神経外科センター

脳卒中後の難治性疼痛

痛み(難治性疼痛)の治療

痛みの原因は様々です.末梢神経損傷による痛み、脊髄損傷による痛み、脳卒中後の手足の痛みなどがよく知られています.(三叉神経痛は別項で説明してあります.

痛みに対してはいろいろな鎮痛剤が使われますが、重度の難治性の痛みに対しては特別な治療法が必要になります.

通常はまず初めに脊髄硬膜外、あるいは脳深部、脳皮質に特殊な電極を挿入または設置して体外から電気刺激を行い効果が認められるかどうかを調べます(脊髄硬膜外電気刺激療法、脳深部電気刺激療法、脳皮質運動野電気刺激療法).効果があれば刺激装置を体内に埋め込みます.

電気刺激療法が効果ない時には、外科治療が行なわれます.痙性の治療で用いられる脊髄後根進入部遮断術は痛みの治療にも効果があります.痛みの種類によって手術法を選択する必要があります.

脊髄後根進入部遮断術の位置
脊髄後根進入部遮断術の位置(画像内矢印)